メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なりすまし詐欺被害防止 高齢者に自動電話録音機貸し出し 県警 /福島

電話録音機について説明する警察官(右)=福島県郡山市で2020年11月20日、肥沼直寛撮影

 県内でも相次ぐなりすまし詐欺被害を防ごうと、県警は20日から、通話が自動録音される警戒機能付き電話録音機400台の貸し出しを始めた。高齢者のみの世帯や、昼間に高齢者のみとなる世帯などの希望者が対象。

 20日は郡山市内の佐藤広さん(83)宅に設置。佐藤さんは「被害を防ぐためには、警察だけでなく住民の協力も必要」と話した。

 県警によると、県内では10月末時点で107件(前年同期比13件増)、被害総額1億7764万円(同1315万円増)のなりすまし詐欺被害が確認されている。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです