連載

第91回都市対抗野球

毎日新聞デジタルの「第91回都市対抗野球」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

第91回都市対抗野球

チーム紹介/下 富里市 ハナマウイ 26日、四国銀と初戦 初舞台、旋風起こせ /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
都市対抗の台風の目となるか。初参戦、初出場のハナマウイ=埼玉県営大宮野球場で2020年10月7日、柴田智弘撮影
都市対抗の台風の目となるか。初参戦、初出場のハナマウイ=埼玉県営大宮野球場で2020年10月7日、柴田智弘撮影

 22日に開幕する第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)に初出場するハナマウイ(富里市)は、2019年にチームが結成されたばかりで、都市対抗予選は今回が初参戦だった。県大会と南関東大会で並み居る強豪に勝利し、「ハナマウイ旋風」を巻き起こして東京ドームへの切符を勝ち取った。県勢のクラブチームとしては初の本大会出場で、東京ドームでも台風の目となるか注目を集めている。【柴田智弘】

 「どえらいことをしてくれた」。ハナマウイの本西厚博監督(58)は県大会と南関東大会で、ことあるごとに口にした。県大会の序盤、2試合続けて七回コールド勝ちを収め、確実な強さを印象づけた。準決勝で日本製鉄かずさマジック(君津市)に敗れたが、後半に4点を追い上げる好試合。敗者復活の第3代表決定トーナメントを勝ち上がり、南関東大会に進出した。鮮烈な都市対抗予選デビューだった。

この記事は有料記事です。

残り1332文字(全文1715文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい