メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大フィールド研、モンベルと7項目で連携協定 自然体験促進など /京都

包括連携協定に署名した京都大フィールド科学教育研究センター長の徳地直子教授(右)とモンベルの辰野勇会長=京都市左京区の京大で2020年11月12日午前11時15分、福富智撮影

 京都大フィールド科学教育研究センターは、アウトドア用品大手「モンベル」と包括連携協定を結んだ。活動や研究の場を共にフィールドとするなど、両者に共通点が多いことから実現。自然体験の促進による環境保全意識の醸成▽子どもたちの生き抜いていく力の育成▽自然体験の促進による健康増進――など7項目で連携する。

 京大(京都市左京区)で12日に締結式が…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです