メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核禁止条約に署名を 長崎と広島市長、国に要請 /長崎

 核兵器禁止条約の来年1月の発効が確定したことを受け、広島市の松井一実市長と長崎市の田上富久市長は20日、外務省を訪れ、政府に条約への署名と批准を求めた。直ちに参加するのが難しい場合は締約国会議にオブザーバー参加し、「唯一の戦争被爆国」として核軍縮にリーダーシップを発揮するよう要請した。

 松井市長と田上市長は条約について「被爆者の『世界の誰にも二度とこの体験をさせてはならない』という強い訴えが源流となり、大きなうねりを生んだ。核軍縮が遅々として進まず、核兵器が3度使用されることへの危機感を多くの国が共有した結果だ」と指摘する茂木敏充外相宛ての要請書…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです