メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英語で楽しむ神話と民話 宮崎の緒方さん学習本出版 県内全高校などに寄贈 /宮崎

 英語学習本「英語で楽しむ宮崎の神話と民話~Mythology and Folktales in Miyazaki」を宮崎市の行政書士、緒方和夫さん(75)が市内のニュージーランド人の協力を得て発刊した。英語を通じ、宮崎の青少年には地元伝承に親しんでもらい、外国人には宮崎の文化・歴史的背景を理解してもらう狙い。

 「ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメ」「海幸彦と山幸彦」「魚藍(ぎょらん)観音」「お倉ケ浜物語」「景清とその娘人丸」「あかぎれ少年」という宮崎を舞台にした全6編。鉱脈社から350部出版。A5判85ページで税込み1100円。英文音読のCDもついている。県内全高校と、舞台となった場所の中学校に寄贈し、外国人向けには市町村の国際交流担当課にも届けたという。

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  2. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  3. 井上科技相、学術会議の国からの切り離し検討を要請 梶田会長との会談で

  4. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです