メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふげん燃料契約、見直しに否定的 文科相

 萩生田光一文部科学相は20日の記者会見で、廃炉作業中の新型転換炉「ふげん」(福井県敦賀市)の使用済み核燃料に関し、再処理に向けてフランス企業と結んだ契約について「現行計画が最も合理的だ」と述べ、見直しに否定的な考えを示した。

 政府の「秋の行政事業レビュー」で、再処理で取り出すプルトニウムの扱いや費用…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. ゴーン被告「恣意的な拘禁」 国連作業部会が意見書 日本政府は異議申し立て

  3. NYダウ、一時300ドル超高 ワクチン開発進展の期待で

  4. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです