メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海自、北極海航行の謎 創設以来初、練習艦を9月上旬に派遣 経済・軍事、各国注目 活動備え情報収集

ベーリング海を航行する海上自衛隊の練習艦「かしま」=9月8日(海自提供)

 海上自衛隊の練習艦「かしま」は9月上旬、北極海を約30時間航行した。海自の艦艇が北極圏に入ったのは創設以来初めてだ。冷戦時代は氷の下で米ソの潜水艦が往来するなど緊迫し、自衛隊は近寄ることが難しかった海域だ。55日間にわたる遠洋練習航海の一環だが、今なぜ、北極海へ向かったのだろうか。

 防衛大を卒業すると海自では、広島県江田島市にある幹部候補生学校で1年間の教育を受け、修了後に実習生として遠洋練習航海に入る。今回参加したのは実習生110人や航海に習熟した乗員を含む約310人で、約2万2000キロの行程だった。

 かしまは8月28日に呉基地(広島県呉市)を出航し、9月初めにベーリング海に入った。同8日には米国の沿岸警備隊と信号旗を使った通信訓練を実施。この直後にベーリング海峡を通過し、「北緯66度33分」以北である北極圏に入った。北極のそばまで接近することはなく、海峡近くを約30時間航行した模様だ。

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1219文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです