日銀、日本の「最大株主」へ ETF買い、10年で40兆円

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日銀が年内にも日本企業にとって「最大の株主」となる公算が大きい。さまざまな銘柄の株式をひとまとめにした上場投資信託(ETF)の購入を続けており、実質的な株式保有額(時価換算)で首位になりそうだからだ。世の中に供給するお金の量を増やす金融緩和策の一環として2010年に始めたが、「物言わぬ株主」の日銀による大量購入で企業に対する経営監視が弱まる恐れもある。

この記事は有料記事です。

残り1776文字(全文1954文字)

あわせて読みたい

注目の特集