メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

特養3割、浸水想定区域 地価安く、確保が容易

台風19号の大雨で浸水した特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」で逃げ遅れた人の救出に向かう消防隊員ら=埼玉県川越市で2019年10月13日午後0時37分、本社ヘリから

 川の近くなど浸水の危険があるエリアに建つ高齢者施設が少なくない。毎日新聞の調査では、全国の特別養護老人ホームの3割が該当する。近年、台風や大雨の影響で浸水する施設が相次ぐが、そもそもなぜこうした危険なエリアに建っているのか――。その背景を探ると、立地場所が限られる事情が見えてきた。

 埼玉県川越市の特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」は2019年、台風19号による大雨の影響で1階部分が水没した。約100人の入所者・利用者と職員24人が一時孤立し、消防のボートで救出された。死者は出なかった。

 施設は、堤防が決壊した越辺(おっぺ)川に近い。市のハザードマップの浸水想定区域にあり、これまでに何度も水害に遭っていたため、施設側は対策を講じていた。隣接する高台に2階建ての別棟を建て、年に数回の避難訓練も重ねていた。台風19号の接近時は停電の中で3時間かけて、寝たきりのお年寄りらをベッドごと別棟の2階へと避難させた。

この記事は有料記事です。

残り2012文字(全文2424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです