メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

全集中!「鬼滅の刃」考/下 今の子どもの現実にシンクロ

 「鬼滅の刃(やいば)」の熱狂が続くが、残虐なシーンを「子どもに見せていいの?」と戸惑っている親もいるようだ。親子関係や子どもを取り巻く環境の変化に詳しい大妻女子大の小谷敏教授(現代文化論)に、ブームの背景と、作品とどう向き合うべきか、掘り下げてもらった。

 ――まず、鬼滅の刃の感想はいかがですか?

 ◆アニメと映画の双方を見たのですが、残酷な場面が多いことに驚きましたね。ただ、人気があるのは分かります。イノシシのかぶり物をした嘴平(はしびら)伊之助、不思議なキャラクターの我妻善逸(あがつまぜんいつ)……。キャラクターがかわいいですよね。

 ――魅力的な作品であることも分かりますが、親としては「子どもが見るのにあそこまで残酷なシーンを入れる必要があったのか」と思ってしまいます。

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文1685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです