メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝、4年連続11回目
今週の本棚

湯川豊・評 『音楽の肖像』=堀内誠一、谷川俊太郎・著

『音楽の肖像』

 (小学館・2750円)

楽しい絵と詩が描く作曲家たち

 ページをめくるのが楽しい本。かけねなしに、そう思える。

 堀内誠一が描く、クラシックの作曲家二十八人の肖像が次々に現われる。主として水彩画の色があたたかく、懐かしい。その裏ページから、谷川俊太郎の作曲家にまつわる詩が展開する。例によって、平明な言葉から、深い思いが響いてくる。

 ところで、堀内誠一とは何者か。もう知っている人も少ないだろう。一九八七年、五十四歳の若さでなくなった、天才的なアートディレクター。雑誌『アンアン』の創刊時のデザイナーをつとめた。谷川俊太郎との共作では、『マザー・グースのうた』があり、これはベストセラーになった。

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1343文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 前橋暴走2人死傷「罪償いたい」 1審無罪被告に希望通り逆転有罪判決 東京高裁

  3. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  4. 持続化給付金詐取容疑、3人逮捕 1億円不正受給関与か 現金運搬中、職質で発覚

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです