大相撲11月場所 1敗対決は貴景勝 志摩ノ海退け単独トップ 年間最多勝確定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
貴景勝(左)が押し出しで志摩ノ海を降す=西夏生撮影
貴景勝(左)が押し出しで志摩ノ海を降す=西夏生撮影

13日目(20日・両国国技館)

 大関・貴景勝は、1敗で並んでいた幕尻の志摩ノ海との一番を押し出しで制し、単独トップに立った。貴景勝は今年50勝目。48勝で現在休場中の大関・正代が14日目も再出場しないため、初めての年間最多勝(夏場所は中止)を単独で確定させた。

 照ノ富士は竜電を押し出し、2敗を守った。竜電は4敗目で優勝争いから脱落した。

 優勝争いは千秋楽までもつれ込み、1敗の貴景勝を1差で照ノ富士、志摩ノ海が追う。

この記事は有料記事です。

残り1532文字(全文1741文字)

あわせて読みたい

注目の特集