メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 除染業者が匿名寄付 発注元・田村市に還流か 計1.6億円

 東京電力福島第1原発事故を受けて福島県田村市が発注した除染関連事業を巡り、落札した複数の業者が2018~19年度、匿名で市に多額の寄付をしていたことが判明した。毎日新聞が入手した内部資料によると、計16社から総額1億6820万円に上る。複数の業者によると、特定の業者が寄付するよう働き掛けていたという。本田仁一市長は20日の記者会見で「審査して問題ない寄付として受け取っている」と述べたが、事業は国の予算で行われており「市が国費を迂回(うかい)して得ている」との指摘がある。

 内部資料などによると、寄付したのは、除染廃棄物を市内の一時保管場所から大型車への積み込み場まで運ぶ「端末輸送」を、18~19年度に落札した地元16社。各社50万~2500万円で総額1億6820万円。市は「寄付者が公表を望んでいない」として詳細を明らかにしていない。

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

  2. 日本新薬、船曳のサヨナラ打で準決勝へ ホンダ熊本は敗退 都市対抗

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. totoにBリーグ追加 改正法案2日にも成立 単一試合や順位投票も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです