メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイデン氏78歳に 健康を懸念する声 「執務能力問題ない」繰り返す陣営

20日に78歳の誕生日を迎えた米国のジョー・バイデン前副大統領=AP

[PR]

 米大統領選で当選を確実にしたジョー・バイデン前副大統領は20日、78歳の誕生日を迎えた。来年1月20日に史上最高齢で大統領に就任する。健康状態や判断力低下を懸念する声もあるが、同氏の陣営は「執務能力に問題はない」との見解を繰り返し示している。

 バイデン氏は20日、地元の東部デラウェア州ウィルミントンで、議会民主党幹部らと面会するなど政権移行の準備を進めた。自らの誕生日への言及はなかったが、市内を移動するバイデン氏に向かって見物する市民から「おめでとう」と声が上がっていた。

 バイデン氏の年齢に関しては選挙中、共和党候補のドナルド・トランプ大統領(74)が「自分が今どこにいるかも分からない」などとたびたび攻撃材料にしてきた。「バイデン氏は、年齢は単なる数字に過ぎず十分に職務に当たれると、国民に証明することを迫られる」(AP通信)などとメディアの関心も高まっている。

 これまでの大統領で最高齢だったのは1989年まで2期8年務め、77歳11カ月で任期を終えたロナルド・レーガン氏だった。【ワシントン高本耕太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです