ホワイトハウスにイサム・ノグチ氏作の彫刻設置へ アジア系米国人の作品は初

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ホワイトハウスの中庭に設置されるイサム・ノグチ氏の彫刻「フロア・フレーム」=Kevin Noble. © The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, NY / Artists Rights Society (ARS)
ホワイトハウスの中庭に設置されるイサム・ノグチ氏の彫刻「フロア・フレーム」=Kevin Noble. © The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, NY / Artists Rights Society (ARS)

 米ホワイトハウスは20日、彫刻家イサム・ノグチ氏(1904~88年)作の彫刻を中庭ローズガーデンに設置すると発表した。ホワイトハウスの美術コレクションにアジア系米国人の作品が含まれるのは初めて。メラニア・トランプ大統領夫人は声明で「彫刻は芸術界最高峰の多様性を示すとともに、我が国の景観にアジア系米国人の芸術家らが及ぼした素晴らしい影響を象徴するものだ」と述べた。

 作品は62年制作の「フロア・フレーム」。ブロンズ製の二つの多面体のオブジェが地面から突き出ているように見える。メラニア夫人は今夏に自ら監修して改修した中庭の東側テラスの主要な展示物として、彫刻を設置するという。屋外に美術品が設置されるのは初。作品は今年3月にホワイトハウス歴史協会がオークションで購入。ホワイトハウスに寄贈していた。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文730文字)

あわせて読みたい

注目の特集