特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナで変わる世界

<都市編 インタビュー②>猪瀬直樹元都知事 通勤都市もう限界 新しい「郊外生活」を

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに応じる猪瀬直樹さん=東京都港区で2020年11月4日、藤井太郎撮影
インタビューに応じる猪瀬直樹さん=東京都港区で2020年11月4日、藤井太郎撮影

 コロナ禍は、東京と首都圏に住む人々の暮らしをどう変えるのか。作家で東京都元知事の猪瀬直樹氏に聞いた。【聞き手・堀和彦】

山手線の内側ほどのロンドン、パリ その外には緑地が

 東京は「通勤都市」だと思う。ロンドンは、郊外に向かって15分くらい行くと羊がいる光景が広がる。パリも元々、城壁都市だった。都市とその郊外で風景が異なる。ところが、東京の周辺には神奈川や千葉、埼玉という行政区域こそあるが、境目がない。

 かつての東京は江戸城から西が田園地帯で、新宿は最初の宿場だった。大正時代末期に貨物線だった山手線が環状運転を開始した。渋谷や目黒、新宿、池袋の駅からは私鉄の路線がヒゲのように郊外に延び、人口爆発につながった。

 ロンドンやパリの広さは山手線の内側ほどに過ぎず、その外には緑地が広がる。通勤に1時間半もかかる東京のライフスタイルは、鉄道が広がり、郊外の人口を吸収する過程で生まれた。新宿や池袋、渋谷は大ターミナルになり、デパートができた。デパートは通勤帰りの買い物客であふれ、祝祭空間にもなった。私鉄は終着駅に遊園地を建設し、土日には逆方向の人の流れを作った。次第に、家を郊外に購入し、住宅ローンを組み、都心の年功序列・終身雇用の企業に勤めるライフスタイ…

この記事は有料記事です。

残り1459文字(全文1987文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集