メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

砕氷艦「しらせ」がアニメ「よりもい」とコラボ 南極目指す紹介動画にキャラ登場

アニメ「宇宙よりも遠い場所」に登場する女子高生ら4人のイラストに、「しらせ」の乗組員が敬礼して乗艦を歓迎する=防衛省統合幕僚監部のツイッターより

[PR]

 南極観測を支援する海上自衛隊の砕氷艦「しらせ」が20日、アニメ「宇宙(そら)よりも遠い場所」とコラボレーションしての情報発信をスタートした。アニメは、女子高生ら4人が南極を目指すストーリー。しらせが南極から帰国する2021年2月まで、活動映像にアニメのキャラクターが出演する。

 アニメは海自なども協力して制作され、18年に地上波などで放送された。「よりもい」の愛称で知られ、21年1月から「TOKYO MX」や「サンテレビ」で再放送が予定されている。劇中、女子高生ら4人が南極へ向けて乗り込む民間観測船「ペンギン饅頭(まんじゅう)号」は、しらせがモデルとされる。今回のコラボは、自衛隊の部隊運用を担う防衛省統合幕僚監部が、アニメの著作権を持つ出版大手KADOKAWAに協力を呼び掛けて実現した。

アニメ「宇宙よりも遠い場所」に登場する女子高生ら4人のイラストが砕氷艦「しらせ」の居室に掲示され、雰囲気を高めた=防衛省統合幕僚監部のツイッターより

 コラボ第1弾の映像は、しらせが南極へ出発した20日、統幕のツイッターで公開された。動画は約1分半。明るいBGMに乗せて、しらせが6日に横須賀港(神奈川県)を出港した際の行事のほか、乗組員が健康チェックを受けたり、訓練に励んだりする様子を紹介している。アニメの女子高生ら4人は、デフォルメされたミニキャラのイラストとして登場。しらせに乗り込んで乗組員から敬礼を受けたり、居室に入ったりするような場面もある。4人は今後も随時、統幕が公開するしらせの活動映像に出演予定だ。乗組員もアニメのグッズを身に着けるなどし、一体感を演出する方向で検討している。

 統幕の担当者は「しらせの知名度は高いが、自衛隊の艦船と認識していない人もいる。アニメの力を借りて、自衛隊、統幕の活動に興味を持ってもらえたら」と話している。

 しらせは南極観測支援のため建造された船で、海自が運用している。定期的に観測隊員や食料、燃料を載せて南極と日本を往復しており、今回は順調にいけば12月下旬に昭和基地沖へ到着する。帰国は21年2月22日の予定。【松浦吉剛】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  3. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  4. 嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

  5. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです