メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

堀江謙一さんの単独太平洋横断ヨットが「ふね遺産」に 当時は「密航」扱いも

米サンフランシスコ海事博物館に展示されているマーメイド号=2018年撮影、長谷川和彦・大阪大名誉教授提供

 兵庫県芦屋市在住の海洋冒険家、堀江謙一さん(82)が1962年に世界で初めて単独太平洋横断を達成した際に乗った小型ヨット「マーメイド号」が、公益社団法人・日本船舶海洋工学会の「ふね遺産」に認定された。日本では当初「密航事件」「人命軽視の暴挙」などと扱われた太平洋横断。堀江さんは当時国内での評価は民間の菊池寛賞が唯一だったと振り返り、「公的な団体から評価してもらえることは、もう一生ないだろうと思っていた」と手放しで喜ぶ。半世紀を経て評価された、その理由とは――。

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文1578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  2. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです