台風上陸、12年ぶり「ゼロ」か 気象庁「あくまでも偶然」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
気象庁
気象庁

 台風の日本列島上陸が、2020年は一度も確認されていない。11月以降に台風が上陸するのは極めてまれで、このままいけば08年以来12年ぶりの「上陸ゼロ」となりそうだ。その原因について、気象庁は「あくまでも偶然」としており、来年以降の台風への備えを怠らないよう呼び掛けている。

 気象庁は、台風の中心が北海道から九州の海岸線に達した場合を「上陸」と定義している。沖縄などの小さな島を横切る場合は上陸とは言わず、「通過」とする。

 年間に上陸する台風の平均個数は、00~19年の20年間で3・15個。台風15、19号が大きな被害をもたらした19年には5個が上陸した。1951年の統計開始以降、上陸数が最多だったのは04年の10個だ。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文828文字)

あわせて読みたい

注目の特集