特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

人出変わらない札幌駅前、人影まばらなススキノ…自粛要請後、最初の週末

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
買い物客らが行き交った札幌駅前通地下歩行空間=札幌市中央区で2020年11月21日午前11時31分、三沢邦彦撮影
買い物客らが行き交った札幌駅前通地下歩行空間=札幌市中央区で2020年11月21日午前11時31分、三沢邦彦撮影

 21日は新型コロナウイルスの感染拡大で札幌市を対象に不要不急の外出や他地域との往来の自粛要請が出て最初の週末。感染リスクを避けながら外出する市民や旅行客がいる一方で、期待していた人出がなく危機感を募らせる飲食店や観光施設もある。【三沢邦彦】

駅直結の商業施設は営業時間を短縮

 JR札幌駅に直結するJRタワーの商業施設(アピア、エスタ、パセオ、札幌ステラプレイス)は21日から、営業開始を午前11時に1時間遅らせ、閉店も飲食店は午後9時、その他は午後8時までに早めた。それでも駅周辺の人通りは普段とさほど変わらず、地下歩行空間の通路で余市町産のリンゴなどを売っていた中村周介さん(42)は「人の流れは大きく変わっていないように感じる。最近は立ち寄ってくれる人も多かったので、感染がこれ以上増えないでほしい」と話す。

 札幌駅から徒歩10分ほどの複合商業施設「サッポロファクトリー」では、朝から雨だったこともあり、人出は少なめ。施設内の映画館に来た同市北区の主婦(43)は「GoToトラベル」を使って予約していた定山渓温泉への1泊旅行をキャンセルしたという。「小学生の2人の子がかわいそう」と朝一番の上映を鑑賞したが「長居せず、もう帰ります」と話していた。

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文1236文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集