メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ワン大阪実現させたい」 大阪維新の新代表に吉村氏 党主要ポストに若手起用

[PR]

大阪維新の会の代表選で新代表に選出され、一礼する吉村洋文大阪府知事(右)と拍手する前代表の松井一郎大阪市長(左)=大阪市中央区で2020年11月21日午後4時54分、木葉健二撮影

 「大阪都構想」の住民投票否決を受け、地域政党「大阪維新の会」は21日、大阪市長の松井一郎代表(56)の辞任に伴う党代表選を大阪市内のホテルで実施し、代表代行の吉村洋文大阪府知事(45)が片山一歩大阪市議(57)=3期目=を破り、新代表に選出された。任期は2024年11月までの4年間になる。代表選は10年の結党以来初めて。

 吉村氏は党務を仕切る幹事長に、住民投票の広報戦略を担った横山英幸府議(39)を新たに選任。結党メンバー以外の若手を主要ポストに起用する新執行部を発足させた。

 立候補を表明していた吉村氏に加え、都構想への3度目の挑戦を掲げた片山氏も出馬したため代表選が実施された。両氏の所信表明演説後に出席した所属議員ら244人が投票。吉村氏が232票、片山氏が11票をそれぞれ獲得し、吉村氏が新代表に選ばれた。無効票が1票あった。

 吉村氏は就任あいさつで、「都構想以外の手段で、府市が一つになる方法があるのか。暗闇の中で探りながら大阪の成長のために、ワン大阪を実現させたい」と抱負を語った。

 一方、代表を辞任した松井氏は記者会見で「新しい感覚で維新スピリッツを引き継ぐ新しいリーダーが誕生した。気力、体力が充実する若い世代に大阪のために働いてもらいたい」と期待を寄せた。松井氏は国政政党「日本維新の会」の代表職について、次期衆院選まで続ける方針。【芝村侑美、田畠広景】

吉村洋文(よしむら・ひろふみ)

 1975年生まれ、大阪府河内長野市出身。弁護士から政界入りし、衆院議員や大阪市長などを経て2019年の大阪府知事就任後から大阪維新の会代表代行を務めた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです