メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「自分の身は自分で守る」 コロナ拡大下の3連休 観光地で喜びと戸惑い交錯

紅葉が見ごろを迎えた京都の嵐山を訪れ、渡月橋で列を作る観光客=京都市右京区で2020年11月21日午前11時21分、小出洋平撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染が再び拡大する中、3連休が21日始まった。紅葉が見ごろを迎えた京都・嵐山は多くの人でにぎわい、徳島では伝統の阿波踊りが規模を縮小した実証イベントとして始まった。行楽客らは、マスク着用や人との間隔を空けるなどの感染予防策を取りながら晩秋の休日を楽しんだものの、感染の広がりに戸惑いの声も聞かれた。

 木々が赤や黄に色づいた京都・嵐山には朝から多くの観光客らが訪れた。福岡県大牟田市の女性(75)は夫(76)と共に観光支援事業「GoToトラベル」を利用。7月の豪雨で自宅が浸水し、後始末が一段落したため、慰労の意味を込めて嵐山に足を運んだ。女性は「新型コロナで今後どうなるのか不安もあるが、骨休みになった」と話した。帰省のついでに来訪した埼玉県川口市の男性会社員(51)は「外でも絶対にマスクをしている。自分の身は自分で守るしかない。経済も回さないといけないので、締め付け過ぎても駄目だと思う」と語った。

 嵐山は例年、紅葉を迎えるこの時期に観光客の訪れがピークとなる。10月末ごろから観光客が戻りつつあるといい、嵐山商店街など5商店街で構成する「嵯峨嵐山おもてなしビジョン推進協議会」の中川新八郎幹事長は「思ったより人出が多くてありがたい。(今後の自粛要請などで)人の移動が制限されると苦しくなるので、冬の間に実施する企画も考え、観光シーズンの春につなげたい」と話した。

新型コロナ対策として、桟敷席や踊り手たちの間隔を空けて行われた阿波踊りの実証イベントで、フェースシールドを着けて踊る踊り手たち=徳島市で2020年11月21日午前11時半、山崎一輝撮影

徳島で阿波踊り 来夏に向け実証実験

 踊り手にはマスクやフェースシールド、「ヤットサー」の掛け声はなし――。徳島市ではいつもと違った阿波踊りが始まった。例年夏の恒例行事は2020年、戦後初めて中止になり、21年夏の開催方法を探るためコロナ禍での感染対策を検証するイベントとして開いた。

 徳島県阿波踊り協会に属する有名連(踊りグループ)のメンバーら約180人が踊りを披露した。会場になった藍場浜公園(徳島市)では5列に並んで踊るのが従来のスタイルだが、今回は3列で踊り手同士は約2メートルの間隔を取り、観客席も通常の5分の1に縮小。観覧した徳島市北山町の女性会社員(40)は「(観客席が)隣の人と距離があって話せず、夏とは違う雰囲気だった」と話した。

【巨人-ソフトバンク】マスクを着用し拍手で選手を応援するファン=京セラドーム大阪で2020年11月21日午後5時56分、徳野仁子撮影

日本シリーズ「大声出さず静かに応援」

 21日に大阪市西区の「京セラドーム大阪」で開幕した巨人―ソフトバンクの日本シリーズ。最寄りのJR大正駅付近では試合前、両チームの公式シャツを着たマスク姿のファンなどが球場に向けて歩いていた。

 「GIANTS」と胸に書かれたシャツを着た神奈川県横須賀市の男性会社員(34)は「このご時世なので、試合を見たら寝台列車ですぐに帰る」と話した。全国で感染者数が拡大傾向であることを受けて観戦を取りやめようとも考えたが、「日帰りなら」と判断した。30年近い巨人ファンで日本シリーズはほぼ欠かさず観戦するが、「今年は大きな声は出さずに静かに応援したい」と語った。

 北九州市から訪れた、ソフトバンクのロゴ入りマスクをつけた自営業の男性(42)は「本当は3日かけて関西を観光したかったが、1日短縮して明日には帰る予定」と残念そうに話す。コロナ対策として、消毒液やマスク用除菌スプレーを常に持ち歩いているという。また、菅義偉首相がこの日夕方、「GoToトラベル」に関して感染拡大地域を目的地とする新規予約を一時停止するなどの措置を導入すると表明したことについて「3連休前に言ってほしかった。正直なところ遅く感じており、元々予定を立てて旅行している人が『悪い人』のように見られてしまうのでは」と懸念を示した。【福富智、松山文音、園部仁史】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです