メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決

「まさか死ぬとは」渋谷女性傷害致死で容疑者供述 被害者は路上生活者か

警視庁代々木署に入る吉田和人容疑者(手前)=東京都渋谷区で2020年11月21日午後1時10分、最上和喜撮影

[PR]

 東京都渋谷区の歩道で路上生活者とみられる住所不定、職業不詳の大林三佐子さん(64)が頭を殴られて死亡した事件で、警視庁捜査1課は21日、同区笹塚2、職業不詳、吉田和人容疑者(46)を傷害致死容疑で逮捕した。容疑を認め、「痛い思いをさせれば、いなくなると思って殴っただけで、まさか死ぬとは思わなかった」と供述している。同日午前3時ごろ、母親と一緒に自宅近くの交番に出頭した。

 逮捕容疑は16日午前4時ごろ、渋谷区幡ケ谷のバス停のベンチに座っていた大林さんの頭を殴り、外傷性くも膜下出血により死亡させたとしている。「ペットボトルなどをポリ袋に入れて自宅から散歩に出た」と話しており、同課は物が入ったポリ袋で殴ったとみている。

 捜査1課などによると、大林さんは、以前からバスが運行していない未明から明け方にバス停で仮眠していた。吉田容疑者は親が経営する酒店の手伝いをしており、自宅は現場から約1キロの距離だった。事件前から大林さんの存在を認識していたといい、同課は2人の間にトラブルがなかったか調べている。【土江洋範、最上和喜、鈴木拓也】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです