特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「紅葉はきれいだったが…」「今が一番ひどい」 “第3波”直撃の3連休 観光地では

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
3連休の初日、マスク姿の登山客らでにぎわう高尾山。ケーブルカーを待つ長い列ができた=東京都八王子市で2020年11月21日午後3時21分、喜屋武真之介撮影
3連休の初日、マスク姿の登山客らでにぎわう高尾山。ケーブルカーを待つ長い列ができた=東京都八王子市で2020年11月21日午後3時21分、喜屋武真之介撮影

 新型コロナウイルスの感染が急拡大し、「第3波」が直撃する中の3連休初日となった21日、全国の観光地は多くの人出でにぎわった。紅葉を楽しみに訪れた人たちは、不安を口にしつつ、人との距離を保つなどの感染防止策をとりながらの行楽となった。一方、不要不急の外出自粛要請が出された札幌市のススキノは人もまばらで、対照的な表情になった。

マスク姿の登山客「思ったより多い」

 紅葉シーズンを迎えた東京都八王子市の高尾山は、朝からマスク姿の登山客でにぎわった。神奈川県海老名市の男性会社員(52)は「思ったより人が出ていて驚いた。なるべく人と距離をとって歩いた。紅葉はきれいだったが、感染リスクが少し心配だ」と話した。

 ケーブルカーを運行する高尾登山電鉄の担当者は「例年よりは少ないが、連休初日でもあり、混み合っている」と説明する。ケーブルカーの清滝駅前で土産物店を営む小宮猛さん(70)は「この時期は毎年、駅前に長い列ができるほど混雑するが、今年は海外からの観光客や年配のバスツアー客が少なく、若い人が多い印象。年配の方は自粛しているのかも」と話す。

 木々が赤や黄に色づいた京都・嵐山にも多くの観光客らが訪れた。福岡県大牟田市の女性(75)は夫(76)と共に「GoToトラベル」を利用。7月の豪雨で自宅が浸水し、後始末が一段落したため、慰労の意味を込めて嵐山に足を運んだ。女性は「新型コロナで今後どうなるのか不安もあるが、骨休めになった」と話した。帰省のついでに来訪した埼玉県川口市の男性会社員(51)は「外でも絶対にマスクをしている。自分の身は自分で守るしかない。経済も回さないといけないので、締め付け過ぎても駄目だと思う」と話した。

タクシー運転手「これだけ感染増えると人来ない」

 「今が一番ひどい」。日中、人がまばらな札幌市の歓楽街ススキノで客待ちをしていた乗車歴16年の男性タクシー運転手(42)はこぼす。…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文1411文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集