メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

維新、世代交代を推進 執行部に若手 党結束に懸念の声も 吉村新体制

府民に外出の自粛などを訴える吉村洋文大阪府知事=大阪市中央区で2020年11月20日午後4時31分、菱田諭士撮影

 21日に大阪維新の会新代表に就任した吉村洋文大阪府知事(45)は執行部に若手を起用し、世代交代を推し進めた。新型コロナウイルス対応などで知名度を上げた吉村氏への期待は大きいが、維新結党メンバーとして長く「党の顔」を担った松井一郎前代表(56)を欠く党運営には不安の声もあり、新執行部の先行きは不透明だ。

 「政治家としてはまだ未熟。先輩の皆さんのお支えをお願いしたい」。吉村氏は代表選後の就任あいさつで、世代交代に対する理解と党運営への一致団結を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1236文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 「チームを引っ張るはずが、足を引っ張っていた」は過去の話 パナソニック主将・法兼 都市対抗

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「吹田の戦争遺跡をめぐる」発行記念 歴史学び、当事者性持って 執筆者・塚崎さん講師に学習会 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです