メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クイーンズ駅伝2020注目選手

天満屋・前田穂南 名伯楽の監督も驚く芯の強さ 10年ぶりの女王奪還へ

全日本実業団対抗選手権の女子1万メートルで力走する天満屋の前田穂南=埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で2020年9月18日、宮武祐希撮影

 「クイーンズ駅伝in宮城 第40回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)が11月22日、宮城県で行われる。東日本大震災直後に始まった宮城開催は今年で10回目で、22チームが参加。「女子駅伝日本一」の座を目指す注目選手を紹介する。(年齢はレース当日現在)

前田穂南(24)=天満屋

 コロナ禍の影響を感じさせない力強い走りだった。7月のホクレン・ディスタンスチャレンジで、5000メートルで15分31秒51、1万メートルで31分34秒94と自己記録を塗り替えた。「結果が出て、久々にレースも走れてうれしかった」。2月の青梅マラソン30キロの部で、野口みずきの日本記録を更新して以来の大会出場だったが、能力の高さを改めて印象づけた。

不安乗り越え「今できることを」

 世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響で米国合宿は中止となった。競技場を使うこともできない厳しい環境だったが、…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文933文字)

新井隆一

毎日新聞大阪本社運動部。1977年、東京都生まれ。2001年入社。大阪運動部、松山支局、姫路支局相生通信部を経て、07年秋から大阪、東京運動部で勤務。リオデジャネイロ五輪、陸上世界選手権(モスクワ、北京、ロンドン)、ラグビーワールドカップ(W杯)ニュージーランド大会などを取材。高校野球の監督経験もある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです