メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新谷VS東京五輪代表 エース区間で激突 22日号砲クイーンズ駅伝オーダー発表

全日本実業団対抗女子駅伝の全国統一予選会の3区で区間記録を1分以上縮める快走を見せた積水化学の新谷仁美=福岡県福津市で2020年10月18日、徳野仁子撮影

[PR]

 宮城県内で22日に行われる第40回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝)に出場する22チームの区間オーダーが21日、発表された。エース区間の3区(10・9キロ)には、東京オリンピック・マラソン代表の前田穂南(天満屋)と一山麻緒(ワコール)、ハーフマラソン日本記録保持者の新谷仁美(積水化学)がエントリーした。5000メートルで今季、日本歴代2位の記録を出した新谷は8年ぶりの全日本大会となる。

 2連覇を狙う日本郵政グループは、前回1区で区間新記録の広中璃梨佳を1区(7・6キロ)、世界選手権代表経験のある鍋島莉奈を3区に起用。東京五輪マラソン代表の鈴木亜由子を勝負どころとなる5区(10・0キロ)に回した。【小林悠太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  3. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  4. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  5. 雇用調整助成金 特例措置2月末まで延長 政府方針 感染拡大受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです