メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クイーンズ駅伝22日号砲 最長3区に前田、一山、新谷の注目選手がエントリー

レース前日の記者会見で記念撮影に臨む(前列左から)天満屋の前田穂南、日本郵政グループの鈴木亜由子、ワコールの一山麻緒、(後列左から)積水化学の新谷仁美、ダイハツの松田瑞生=仙台市宮城野区で2020年11月21日午後3時16分、吉田航太撮影

[PR]

 「クイーンズ駅伝in宮城 第40回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)は22日、宮城県で開かれる。東日本大震災のあった2011年から始まった宮城開催は10回目。6区間42・195キロのコースを舞台に、22チームが駅伝日本一を懸けて争う。大会側は新型コロナウイルスの感染防止のため、沿道での応援自粛を呼びかけている。

 21日は仙台市内で監督会議があり、区間オーダーが承認された。エース区間で最長の3区(10・9キロ)には、東京オリンピック・マラソン代表の前田穂南(天満屋)と一山麻緒(ワコール)、ハーフマラソン日本記録保持者の新谷仁美(積水化学)がエントリーした。

 2連覇を狙う日本郵政グループは、前回1区で区間新記録の広中璃梨佳を1区(7・6キロ)、世界選手権代表経験のある鍋島莉奈を3区に起用。東京五輪マラソン代表の鈴木亜由子を勝負どころとなる5区(10・0キロ)に回した。

 この日は有力チームの主力選手が、オンラインで記者会見した。初めて5区を走る鈴木は「順位を決定づける大事な区間。前半に良い流れで来ると思うので、しっかり受け継いでつなげたい」と意気込みを語った。14年に一度競技から離れ、18年にレースへ復帰した新谷は、8年ぶりの全日本大会となる。「(個人とチーム)すべてのタイトルを奪い去って帰りたい」と力強く宣言した。

 好記録で東京五輪代表選考会を制しながら、一歩届かずにマラソン代表を逃した松田瑞生(ダイハツ)は「いったんどん底に落ちた選手がまたはい上がる姿を見せ、(コロナで)今生きることに必死だったり、何か目標を失ったりした人たちにあきらめない気持ちを伝えたい」と語った。

 レースは午後0時15分、松島町文化観光交流館前をスタート。仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台でフィニッシュする。【松本晃】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 東京で新たに584人の感染確認 過去最多

  4. 繁華街に出没のサルを捕獲 福岡・天神

  5. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです