メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

優勝争いは貴景勝と照ノ富士 千秋楽直接対決へ 大相撲11月場所

貴景勝(左)が突き出しで御嶽海を降す=東京・両国国技館で2020年11月21日、竹内紀臣撮影

[PR]

 大相撲11月場所14日目は21日、東京・両国国技館で行われ、大関・貴景勝が関脇・御嶽海を降し、1敗を守った。小結・照ノ富士は、幕尻の志摩ノ海との2敗同士の一番を制し、優勝争いは貴景勝と照ノ富士に絞られた。千秋楽は2人の直接対決で、貴景勝が勝てば2018年の九州場所以来2度目の幕内優勝が決まり、照ノ富士が勝てば優勝決定戦に持ち込まれる。

照ノ富士(右)が寄り切りで志摩ノ海を降す=東京・両国国技館で2020年11月21日、大西岳彦撮影

 新三役の関脇・隆の勝は、宝富士を押し出して勝ち越しを決めた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  2. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 社説 「桜」前夜祭の費用補塡 安倍氏の責任は免れない

  5. 雇用調整助成金 特例措置2月末まで延長 政府方針 感染拡大受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです