メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク周東、日本シリーズ初盗塁 

【巨人-ソフトバンク】八回表ソフトバンク無死一塁、打者・中村晃のとき、一塁走者の周東が盗塁に成功=京セラドーム大阪で2020年11月21日、徳野仁子撮影

[PR]

 「世界の足」がシリーズ初盗塁を決めた。八回、先頭のソフトバンク・周東はファウルで粘り、四球で出塁すると、続く中村晃の打席で二盗に成功。好機を広げ、中村晃の左前打で5点目のホームを踏んだ。

 周東はシーズン後半にかけてハイペースで走り続けた。10月にはプロ野球記録となる13試合連続盗塁を樹立。米大リーグ記録は1969年にキャンパネリス(アスレチックス)がマークした12試合連続で、これを上回る「世界記録」だと話題を集めた。

 シーズン50盗塁で、育成出身選手では初の盗塁王のタイトルを獲得。より警戒が強まる中でも、「(京セラドームは)芝が硬いので加速がつきやすい」と鮮やかに塁を盗んでみせた。【生野貴紀】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  3. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  4. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  5. 雇用調整助成金 特例措置2月末まで延長 政府方針 感染拡大受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです