メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4年連続シリーズ初戦に先発 タカ千賀、要所締め7回被安打3、無失点

【巨人-ソフトバンク】力投するソフトバンクの先発・千賀=京セラドーム大阪で2020年11月21日、山田尚弘撮影

[PR]

○ソフトバンク5―1巨人●(21日・京セラドーム)

 ソフトバンクが日本シリーズ第1戦で巨人に快勝した。

 日本を代表するエース同士の投げ合いとなった日本シリーズの初戦で、ソフトバンクの千賀が堂々たるマウンドさばきを見せた。打線の援護を得ての好投に、千賀は「チームのみんなでいい流れに持っていくことができた」と喜んだ。

 1969~72年の巨人・堀内恒夫以来となった4年連続のシリーズ第1戦の先発。過去3戦で2勝しているが、先陣を切ることは「慣れるものではない」と語っていた。その言葉通りに力が入り、一回から四球で走者を背負った。

【巨人-ソフトバンク】力投するソフトバンクの先発・千賀=京セラドーム大阪で2020年11月21日、山田尚弘撮影

 それでもしっかり要所を締めるのがエースだ。四回、坂本と岡本に連続四球を与え無死一、二塁のピンチを招いた。打席には5番の丸を迎えたが、外角低めの直球で遊ゴロ併殺に仕留めた。なおも2死三塁から、亀井も遊ゴロに打ち取って無失点で切り抜けた。

 巨人打線が決め球のフォークに手を出さず、ファウルで粘られるなどして球数は六回までに100球を超えた。だが、150キロ台後半の直球などを駆使して7回を被安打3、無失点と緊迫した試合で役割を果たした。

 昨年のシリーズ初戦は7回1失点で勝利投手になった。千賀の内角攻めに打撃の調子を狂わされた巨人打線は2戦目以降も沈黙し、ソフトバンクが4連勝で完勝した。工藤監督は「(初戦の)イメージが(相手に)入れば、次の投手が投げても意識を変えるのは難しい。そういう期待はしている」と、今年も千賀に初戦を託した狙いを説明する。

 巨人の菅野とは、今季の開幕前に自主トレーニングで共に汗を流した間柄。菅野との投げ合いに「力んだ部分があった」というが、「チームが勝てれば何でもいい」と開き直って勝利をつかんだ。【黒澤敬太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです