メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新生・巨人菅野、一発浴びて失速 リベンジならず 「次のチャンスへ調整」

【巨人-ソフトバンク】六回表ソフトバンク2死一、三塁、栗原(奥)に2点二塁打を打たれ、打球の行方を見つめる巨人の菅野=京セラドーム大阪で2020年11月21日、徳野仁子撮影

[PR]

○ソフトバンク5―1巨人●(21日・京セラ)

 巨人はエース・菅野がつかまり、日本シリーズ初戦を落とした。

 痛烈な打球が、巨人のエース・菅野の視線の先で左中間を真っ二つに割った。一、三塁にいたソフトバンクの走者が悠々と生還し、スコアボードに重い「2」が刻まれる。六回2死から死球と2連打を浴びて、点差を4点に広げられた菅野は口を固く結んで険しい表情を浮かべた。

【巨人-ソフトバンク】力投する巨人の先発・菅野=京セラドーム大阪で2020年11月21日、山田尚弘撮影

 出塁させると厄介なソフトバンクの盗塁王・周東をきっちり抑えるなど、イメージ通りに試合を運べた部分もあった。だが二回、「足技」と同時に警戒していたはずの「一発」を浴びて相手に先手を取られると、その後は我慢の投球を続けたが、味方打線に流れを呼び込むまでには至らず、6回6安打4失点。菅野は「次のチャンスがあると思う。それに向けてしっかり調整する」と言葉を絞り出した。

 胸には1年前の悔しさがあった。2019年のソフトバンクとの日本シリーズ第4戦。後がない状況で初先発し、期待を一身に背負って腕を振ったが、グラシアルに先制3ランを献上するなど4失点して流れを引き戻せず、唇をかんだ。腰痛に悩まされた昨季は思い通りにいかないことも多かった。それでも「やっている時は苦しかったが、胸を張れるところもあった」。エースの誇り、逆境に負けないたくましさ。苦しんだ先に、見えた景色もあった。

 苦い経験を経て、今季は一から新しい菅野智之の「形」を作り直した。柔軟性を意識した体作りに、大がかりな投球フォームの改造。勝負どころでギアを上げる投球術にも磨きをかけた。シーズンではプロ野球新記録となる開幕投手からの13連勝を達成した。

 リベンジの舞台となる日本シリーズの開幕を担うのは「僕以外いない」。そう言い切れるだけの備えを重ね、心身は充実していた。だからこそ、圧倒的な投球でマウンドに立ちはだかり、先陣を切りたかった。【角田直哉】

巨人・宮本投手チーフコーチ

 (栗原に先制2ランを浴びた菅野は)失投というよりもカウントを悪くした。責任は本人も感じているでしょう。プレッシャーがかかるのは仕方がないこと。次につなげてくれれば。

巨人・坂本

 今日の負けは負けで切り替えて、やるしかない。明日(第2戦)勝って、五分に持ち込みたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです