メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パを知る助っ人、巨人ウィーラーがチーム鼓舞 唯一の打点、好返球で補殺も

【巨人-ソフトバンク】九回裏巨人1死満塁、ウィーラーが左犠飛を放つ(捕手・甲斐)=京セラドーム大阪で2020年11月21日、徳野仁子撮影

[PR]

○ソフトバンク5―1巨人●(21日・京セラ)

 日本シリーズの第1戦が21日、京セラドームであり巨人がソフトバンクに敗れた。

 今季途中にパ・リーグの楽天からやって来た「助っ人」がお手本のようなプレーでチームを鼓舞した。パを知る選手として「8番・左翼」で起用された巨人のウィーラーが、粘ってのチーム初安打に、左翼から本塁への好返球で補殺と攻守に躍動。九回には犠飛でチーム唯一の打点も挙げ、「負けはしたが1点取ったので、最後の勢いのまま明日につなげたい」と前を見据えた。

【巨人-ソフトバンク】四回表ソフトバンク2死二塁、デスパイネの左前打を本塁へ好返球し二塁走者の生還を阻止する巨人の左翼手・ウィーラー=京セラドーム

 ソフトバンクの先発・千賀の前に無安打のまま迎えた三回。先頭で打席に入ると、3連続ファウルなどで粘ってフルカウントに持ち込んだ。そして8球目のカットボールが甘く入ったのを逃さず引っ張って左前に運んだ。これを見習ってか、続く大城は12球、吉川尚も7球粘った。得点には結びつかなかったものの勝利への執念を見せた。

 ウィーラーは、四回の守備では2死二塁からのデスパイネの左前打に猛チャージ。2バウンドながら本塁にストライク返球し、悠々と走者を刺した。外野手もこなすが本職は内野手。この日も指名打者での起用が予想されていただけに、守備でも「意外」な存在感を示して期待に応えた。

 今年6月、トレードで巨人に加入。今季は12本塁打36打点と目立った成績を残したわけではないが、勝負強さと持ち前の明るさで貢献し続けている。「優勝争いをしているチームでプレーすることが久しくなかったので、すごくワクワクしながら毎日プレーしている」。一生懸命なプレースタイルで味方を引っ張る。【田中将隆】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです