メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フェリス女学院に歴史資料館 150年の歩みを紹介 開港後の横浜、教育の流れたどる /神奈川

1929年から2000年まで使われていた米国製の机と椅子=横浜市中区で

 フェリス女学院(鈴木佳秀学院長)の歴史資料館が開館した。創立150周年記念事業の一環。創立以来の歩みを資料とパネルで紹介し、開港後の横浜の歴史と重ねながら理解できる展示になっている。【中田卓二】

 フェリス女学院大山手キャンパス(横浜市中区)の6号館を改装し、1階を歴史資料館にした。展示室(91平方メートル)、閲覧室・執務室(60平方メートル)、収蔵庫(72平方メートル、地下部分を含む)からなる。同学院がこれまでに収集した資料は、目録を…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです