メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知事選 「健康長寿社会」重要 出馬予定の江崎氏、岐阜で講演 /岐阜

新型コロナウイルス感染拡大を受けた社会のあり方について講演する江崎禎英氏=岐阜市のOKBふれあい会館で

 2021年1月7日に告示される県知事選で、自民党県連所属の一部県議が擁立予定の元内閣府官房審議官の江崎禎英(よしひで)氏(55)=山県市出身=が21日、岐阜市内で講演した。「人生100年時代の幸せのかたち――コロナの先にある素晴らしい社会の実現に向けて」の題名で、新型コロナウイルスの感染拡大を機に医療や働き方を見直し、「健康長寿社会」の実現を目指す重要性を説いた。

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文380文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです