連載

京の人今日の人

さまざまな分野で活動する人たちを紹介します。

連載一覧

京の人今日の人

ワニ発声実験でイグ・ノーベル賞受賞 京都大霊長類研究所准教授・西村剛さん 科学の好奇心、広がって /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「イグ・ノーベル賞」を受賞した西村剛さん=本人提供
「イグ・ノーベル賞」を受賞した西村剛さん=本人提供

西村剛さん(45)=愛知県犬山市

 ヘリウムガスを吸ったワニに発声させる実験で9月、京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)の西村剛准教授(45)が「人々を笑わせ、考えさせる」研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の音響賞を、研究グループの一員として受賞した。「受賞を聞いた時には驚いた。受賞をきっかけに、こういった研究があると知ってもらえるのがうれしい」と喜ぶ。

 ヘリウムガスは、吸うと声が高くなることが知られている。ヘリウムガスを使った声と元々の声を比較することで、どのような方法で声を出しているかが分かるといい、トリを用いた実験が一般的になっている。自身はこの手法をサルに応用し、サルが声を出す方法を研究していた。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1112文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集