メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨 復旧工事、完了ずれ込む 入札不調など影響 三原 /広島

 三原市は2018年の西日本豪雨で被災し、国の補助対象となっている復旧工事の進捗(しんちょく)状況について、完成が農地・農業用施設は28・3%、公共土木施設は66・5%にとどまっていることを明らかにした。入札不調や技術者不足などが影響し、完了はともに21年度にずれ込む見通し。

 農地やため池、水路など農業用施設622…

この記事は有料記事です。

残り104文字(全文262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  2. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  3. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  4. 衆院北海道2区補選 野党一本化方針を継続 立憲道連

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです