メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

番匠川に人工メダカ 「自然種絶滅の恐れ 放流やめて」 佐伯市 /大分

見つかった品種改良メダカ=大分県佐伯市弥生上小倉の番匠おさかな館で2020年11月16日午後1時11分、辻本知大撮影

 佐伯市の番匠川で、野生には生息しない品種改良のメダカが見つかった。野生種のメダカと交配を繰り返すことで、生来のメダカが絶滅してしまう恐れがあり、地元の水族館は「改良されたメダカを自然に放すのはやめて」と呼びかける。

 青色や黒色だったり、体型が丸かったりと、品種改良されたメダカは、熱帯魚などに比べて飼育しやすことから近年、愛好家に人気がある。

 番匠川で見つかったのは、頭がオレンジで、尾びれにかけて白色の改良メダカ。同市の水族館「番匠おさかな館」の立川淳也学芸員(45)が10月20日、約30匹の群れを確認した。

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです