メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

ヤングケアラーと技能実習生 言葉が隠すものを見抜く=梯久美子・ノンフィクション作家

=竹内幹撮影

 短大を卒業し幼稚園教諭として就職した女性が、その年の秋、同居する祖母を殺害する事件があった。判決が確定した先月、さまざまなメディアで取り上げられたので、関心を寄せた人も多いのではないか。

 女性は親族の事情から認知症の祖母と2人で暮らし、介護を1人で担っていた。毎日夕食の世話をし、排せつのたびにシャワーを浴びさせ、深夜の散歩にも付き合ったと本紙11月4日付の記事にある。1日の睡眠は2時間ほどだったそうだ。

 社会に出たばかりの時期はすべてにおいて余裕がない。そうした中で、この女性はたった1人で祖母の面倒を見ていたのだ。明け方に起こされ、認知症ゆえの聞くに堪えない暴言に「もう黙って……」と、口にタオルを押し込んだという。

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  3. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです