メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

APEC閉幕 中国、TPP参加積極検討 習氏表明、米けん制か

 日本や米国、中国など21カ国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議は20日、3年ぶりとなる首脳宣言を採択し、閉幕した。中国国営新華社通信によると、習近平国家主席は会議で、日本など11カ国が参加する環太平洋パートナーシップ協定(TPP11)について「参加を積極的に検討する」と初めて表明。ただ、参加に向けたハードルは高く、アジア太平洋地域での影響力を誇示することでTPPを離脱した米国をゆさぶる狙いがありそうだ。

 「中国はアジア太平洋の自由貿易圏を一日も早く建設する」。テレビ会議形式で行われた会議で習氏はこう述べ、TPP参加の「積極検討」を表明した。

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1190文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  3. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです