メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで変わる世界

今こそ自治体に権限=東京都知事 小池百合子氏/近代の生き方転換を=作家・元東京都知事 猪瀬直樹氏

=宮本明登撮影

 コロナ禍は、東京と首都圏に住む人々の暮らしをどう変えるのか。東京都の小池百合子知事と作家で東京都元知事の猪瀬直樹氏に聞いた。【聞き手・堀和彦】

今こそ自治体に権限 東京都知事 小池百合子氏

 米金融専門誌「グローバル・ファイナンス」が10月、世界の住みたい都市ランキングを発表し、東京はロンドンを抜いて1位になった。新型コロナウイルスの感染拡大など、他都市がさまざまな課題を抱える中、東京はコロナの重症者数を抑え込み、個人や事業者も頑張っている。

 東京はこれまでヒト、モノ、カネ、情報を集積し、日本のけん引役になってきた。都民の幸福感を高め、経済を持続させていく。この二つの課題を追求しながら、今後もコロナに対応しなければならない。

この記事は有料記事です。

残り1529文字(全文1844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです