メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラック・チェンバー・ミュージック

/464 阿部和重 写真・相川博昭

 うずくまった格好で蹴られる場合はとにかく頭をガードするのが鉄則だ。そうでないと、強烈なサッカーボールキックを食らって最悪即死もありうる。この一般常識にならい、横口健二は両手を後頭部で組みあわせ、できるかぎりまるまって脳へのダメージを最小限に抑えようと試みる。が、体のどこを蹴られても痛いことは痛い。おなじ体勢を維持するのもむつかしく、がら空きの脇腹へつまさきを思いきりぶちこまれたりすれば苦痛にあえがずにはいられず、攻撃から逃れようとして体もおのずと水たまりのうえを転げまわる。

 そんななか、痛いとか苦しいとか感じながらも思考はめぐる。頭はただ解放だけをもとめており、これに終わりはあるのかと、知りえぬ答えをひたすらに探しつづけてしまう。

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

  2. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 元慰安婦賠償判決 差し押さえの可能性が否定できない日本政府の資産とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです