メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

菅義偉首相の日本学術会議会員任命拒否問題 今回のゲスト 古川隆久さん

「学術会議会員任命拒否問題」について話し合う古川隆久さん(右)と森健さん=東京都千代田区で2020年11月9日、藤井太郎撮影

 日本学術会議が推薦した次期会員候補のうち6人を菅義偉首相が任命拒否したことについて、「学問の自由を侵害する」といった批判が高まっている。政府による学問弾圧は戦前に多数あった。今回の任命拒否を、そうした歴史軸の中でどうとらえるべきなのか。日本近現代史が専門の古川隆久・日本大教授を招き、ジャーナリストの森健さんが聞いた。【構成・栗原俊雄、撮影・藤井太郎】

この記事は有料記事です。

残り3366文字(全文3543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. ゴーン被告「恣意的な拘禁」 国連作業部会が意見書 日本政府は異議申し立て

  3. NYダウ、一時300ドル超高 ワクチン開発進展の期待で

  4. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです