メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わざおぎ登場

火の見櫓を登る姿に美的効果 「三人吉三」で女装の盗賊、お嬢吉三役 中村時蔵さん

歌舞伎俳優の中村時蔵さん=東京都千代田区で2020年11月4日、内藤絵美撮影

 お嬢、和尚、お坊。義兄弟のちぎりを結んだ吉三の名を持つ3人の盗賊が登場する「三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)」。女形の中村時蔵さんが、女装の盗賊、お嬢吉三を東京・国立劇場の「12月歌舞伎公演」(12月3~26日)で演じる。

 幕末から明治の人気作者、河竹黙阿弥作で安政7(1860)年、江戸・市村座初演。7幕物だが、現在では3人が活躍する場面のみの上演が通常。今回は、序幕「大川端庚申塚(おおかわばたこうしんづか)」、二幕目「巣鴨吉祥院」、大詰「本郷火の見櫓(やぐら)」の構成だ。和尚は中村芝翫、お坊は尾上松緑の配役。

 最も人気が高い場面は3人が出会い、義兄弟の約束を交わすまでが描かれる「大川端」。一幕物として上演されることも多い。客の十三郎が忘れた金包みを届けるために夜道を急ぐおとせに、振り袖姿のお嬢が声をかけて金を奪い、川へ突き落とす。その際にお嬢が口にする「月も朧(おぼろ)に白魚の……」から始まる長ぜりふは歌舞伎ファンにはおなじみだ。

この記事は有料記事です。

残り1797文字(全文2228文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです