メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうクイーンズ駅伝 「自在性」が強み 連覇狙う日本郵政

レース前日の記者会見で記念撮影に臨む(前列左から)天満屋の前田、日本郵政グループの鈴木、ワコールの一山、(後列左から)積水化学の新谷、ダイハツの松田=吉田航太撮影

 大逃げを打つか、追い込みに懸けるか、それとも好位置につけて抜け出すか――。22日に宮城県内で行われる全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝)は、有力チームの特長が鮮明に分かれ、例年以上に面白い展開になりそうだ。

 2連覇を狙う本命の日本郵政グループは要所に主力選手を配し、どんなレースにも対応できる「自在性」が強み。大型補強で注目される積水化学は前半に有力選手を並べて逃げ切りを図り、ワコールは後半勝負型。勝敗のポイントを探った。

この記事は有料記事です。

残り1318文字(全文1538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  2. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  3. 井上科技相、学術会議の国からの切り離し検討を要請 梶田会長との会談で

  4. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです