メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート 「金メダルの先にあるものを」 「氷上の詩人」小平、コロナ下の世界観

今季初戦となった全日本距離別選手権に出場した小平奈緒。右太ももに描かれた真っ赤なリンゴのデザインには豪雨被害に遭った農家を励ますメッセージが込められている=猪飼健史撮影

 レース後に発する独特な表現のコメントから「氷上の詩人」と評されるスピードスケート女子500メートルの五輪金メダリスト、小平奈緒(34)=相沢病院。新型コロナウイルス感染拡大の影響で環境が変化する中、新たに見いだした五輪、スケートの世界観とは。

 2018年2月、平昌冬季五輪(韓国)女子500メートル決勝。36秒94の五輪新記録で頂点に立った小平の胸に、ある感情が湧き上がった。「私は金メダルを目指してやってきたのではなく、その瞬間に人生の最高の作品を表現し、見てもらいたかったんだ」。金メダリストになった翌日の記者会見で、世界新記録を目指すと公言したのは、そんな気持ちからだった。

 「作品を表現する」ことにこだわる小平は、練習でも感性を大切にしている。新型コロナの影響で、練習拠点としていたスケートリンクが今年4月~5月中旬に閉鎖され、苦手なランニングに取り組む時間が増えた時も、そうだった。舗装されていない道路を走る「地面と体とのやりとり」(小平)の中で新たな感覚を発見したという。

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  3. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  4. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです