メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 阿波踊り、距離取って

新型コロナ対策として、桟敷席や踊り手たちの間隔を空けて行われた「阿波おどりネクストモデル」=徳島市で2020年11月21日午前11時35分、山崎一輝撮影

 踊り手にマスクやフェースシールド、「ヤットサー」の掛け声はなし――。徳島市ではいつもと違った阿波踊りが始まった。夏の恒例行事は2020年、戦後初めて中止になり、21年夏の開催方法を探るためコロナ禍での感染対策を検証するイベントとして開いた。

 徳島県阿波踊り協会に属する有名連(踊りグループ)のメンバ…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです