メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 阿波踊り、距離取って

新型コロナ対策として、桟敷席や踊り手たちの間隔を空けて行われた「阿波おどりネクストモデル」=徳島市で2020年11月21日午前11時35分、山崎一輝撮影

 踊り手にマスクやフェースシールド、「ヤットサー」の掛け声はなし――。徳島市ではいつもと違った阿波踊りが始まった。夏の恒例行事は2020年、戦後初めて中止になり、21年夏の開催方法を探るためコロナ禍での感染対策を検証するイベントとして開いた。

 徳島県阿波踊り協会に属する有名連(踊りグループ)のメンバ…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  3. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  4. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです