メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク5-1巨人(その2止) 菅野不覚、打も沈黙

 ソフトバンクが快勝した。二回に栗原の2ランで先制し、六回も栗原の2点適時二塁打で加点。八回は中村晃の適時打でリードを広げた。先発・千賀は力のある直球を軸に、7回を3安打無失点と好投した。巨人は先発の菅野が粘れず、打線も精彩を欠いた。

九回ようやく1得点

 痛烈な打球が、巨人のエース・菅野の視線の先で左中間を真っ二つに割った。一、三塁にいたソフトバンクの走者が悠々と生還し、スコアボードに重い「2」が刻まれる。六回2死から死球と2連打を浴びて、点差を4点に広げられた菅野は口を固く結んで険しい表情を浮かべた。

 出塁させると厄介なソフトバンクの盗塁王・周東をきっちり抑えるなど、イメージ通りに試合を運べた部分もあった。だが二回、「足技」と同時に警戒していたはずの「一発」を浴びて相手に先手を取られると、その後は我慢の投球を続けたが、味方打線に流れを呼び込むまでには至らず、6回6安打4失点。菅野は「次のチャンスがあると思う。それに向けてしっかり調整する」と言葉を絞り出した。

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです