メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京で新たに570人が新型コロナ感染

岐阜県知事選 新人江崎氏、出馬表明 現職と対決

 2021年1月7日告示、同24日投開票の岐阜県知事選で、自民党県連の一部県議が擁立を目指してきた元内閣府官房審議官、江崎禎英(よしひで)氏(55)が21日、報道陣の取材に立候補する意向を表明した。県議団「県政自民クラブ」が22日に総会を開いて対応を決める。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

  3. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  4. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  5. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです