メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの日から

/上 母は自宅で一人、命絶たれ 奪われた恩返しの時間

いつも笑顔を絶やさなかった杉浦加津代さん=2014年11月撮影(遺族提供)

 温暖な気候を生かした国内有数のミカン産地として知られる愛知県蒲郡市。周囲を山に囲まれた閑静な町の一角に、あるじを失った一軒家がある。隣家に住む杉浦司さん(56)、多香子さん(56)夫妻は毎日顔を出し、仏壇の前で手を合わせる。多香子さんが語りかけるそばには、笑顔の女性が写った1枚の写真。2016年3月、自宅で何者かに殺害された司さんの母、杉浦加津代さん(当時73歳)だ。

 加津代さんは蒲郡で生まれ育ち、ミカン農家として生計を立ててきた。「農業が天職」と話し、キュウリやジャガイモ、花などを育て、収穫後は近所の人に分けていた。「人に喜んでもらうのが何より好きで、配達に来た人や通りがかりの人にも野菜や花をあげちゃうような人だった。みんなからは『かっちゃん』と呼ばれて愛されていました」。多香子さんはこう振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1204文字(全文1560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです